新型紹介
新型紹介 : 新型 Ninja1000ABS 発売!

2017型 Ninja1000ABS 発売!

 

              ※国内仕様にサイドリフレクターは付きません

 

 

オールマイティなスポーツバイクとして世界的に人気の高いNinja1000ABSがモデルチェンジ!そして国内導入されることになりました!

Ninja ZX-10R譲りのスタイリッシュなデザインになってよりスポーツ色を強めた感がありますが、Ninja1000ABSの優れたところはやはりそのオールマイティさではないでしょうか。走りの性能はもちろんですが、スーパースポーツ・デザインを始め、LEDヘッドランプ、新型メーターパネル、調整ダイヤル付クラッチレバー採用、シート形状変更、パニアケースマウント標準装備、ボッシュ製IMUの装着、ETC標準装備など、スポーツ性能もツーリング性能も大きく進化しました!走りの質は落としたくないけどなるべく快適に走りたいという、日本人特有のオールインワン志向を持つ方にドンピシャです。

 

  

  

 

Z1000に続いてLEDをヘッドライトに採用したり、パニアケースを付けていなくても全く違和感のないグラブバーマウント、ギアポジションインジケーターやシフトアップインジケーターなどの装備も素晴らしいのですが、一番のトピックはやはりIMU(慣性計測装置)の搭載です。すでにNinja ZX-10R ABSで採用されているこの装置は、車体が今どういう状態にあるかを細かく検知してECUに伝え、トラクションコントロールやブレーキの利かせ方を最適にしてくれる(例えばコーナリング中にフロントブレーキを掛けても車体が急激に起き上がらないようになる等)魔法のような装置なのです。これにより、Ninja1000ABSは最新の車体制御技術を手に入れ、スポーツツアラーとして抜き出たバイクになりました。

   

 

 

純正オプションもパニアケース、スライダー、グリップヒーター、ローシートなどをラインナップ。快適ツーリングを約束します。

 

カラーリングはキャンディライムグリーン×メタリックカーボングレー、メタリックスパークブラック×メタリックグラファイトグレーの2色を用意。

 

価格は¥1,274,400-!

 

 

ご来店お待ちしております!

印刷用ページ このニュースを友達に送る