新型紹介
新型紹介 : 発表!2018モデル NEW Ninja250&Ninja400!!

 発表! 2018年モデル 

NEW Ninja250&Ninja400!

 

 2017年東京モーターショーで実車をお披露目していた新型Ninja250とNinja400の詳細が正式に公開されました!それぞれの特徴をご紹介していきます!

 

 Ninja250

 

外観は海外向けモデル Ninja H2のデザインを取り入れ、元々カッコ良かったデザインがさらにカッコ良く!エンジンはより高回転型になり、ライバルに引けを取らない37馬力の高出力にパワーアップ!それに伴いフロントブレーキも290mmから310mmにサイズアップ!そしてトレリスフレームの採用により車体も軽量化し166Kgに!なんと前モデル比で8Kgも軽くなりました。250ccクラスで8Kgも軽量化するってハンパじゃなく凄いことなんですよ・・・!ヘッドライト、テールランプはLED化し、あると便利なギアポジションインジケーターとヘルメットロックをついに標準装備!もちろんアシスト&スリッパークラッチも付いてますからレバー操作が軽い!クラッチレバーを握る左手が疲れにくいのはNinjaだけ!当然全モデルABSを装備してます!

 

 

  

 キャンディプラズマブルー

 

   パッションレッド×メタリックフラットスパークブラック

 

    ライムグリーン×エボニー

 

 

 

 

Ninja400

 

 

今回のモデルチェンジでNinja250と兄弟車になったNinja400。バーハンドルを採用し、パニアケースなどのオプションもあった前モデルはツアラー的な性格を持っていましたが、新型はかな~りスポーティな方向へ舵を切りました!何より1番の違いは車体重量でしょう。基本デザインがNinja250と共通となって車体ボリュームが抑えられました。その結果、前モデルで211Kgあった車重は167Kgとなり、なんと44Kgもの軽量化に成功したのです!2割も車重を減らしたということは、全く別のバイクに生まれ変わったも同然。取回しから加速、減速、すべての動きが違います。また、軽量化に合わせてタイヤサイズも変更になり、前後ともワンサイズ細くなりました。が!それで正解です。タイヤは太ければ良いというものではありません。そのバイクに合ったサイズであることが重要です。400ccのエンジンに合わせてバイアスではなくラジアルタイヤを履いているので走りもNinja250とは違います。車体がコンパクトになったのでシート高も20mm下がり、足つき性が大幅にアップ!ベースがNinja250ですからアシスト&スリッパークラッチも初装備!基本的に排気量が増えるほどクラッチは重くなるのでこれは効果大!ヘッドライト、テールランプはLED、ABS、ヘルメットロック、ギアポジションインジケーターはもちろん標準装備です!

 

 

   メタリックスパークブラック

 

 

   キャンディバーントオレンジ×メタリックマグネティックグレー

 

 

  ライムグリーン×エボニー

 

 

 

 

オプションも豊富に揃ってます!

 

 

 

フレームスライダー、ラジエタースクリーン、タンクバッグ、シングルシートカバー、タンクパッド、ハイシート、大型ウィンドシールド、DC電源ソケット、他ETC2.0車載器など!

 

例によって初回出荷台数はかなり少なめと予想されます!気になる方はお早目に 

 お問い合わせお待ちしております!

 

 

印刷用ページ このニュースを友達に送る