新型紹介
新型紹介 : ミラノショー(EICMA)にてニューモデル発表!

東京モーターショーの熱も冷めやらぬうちに開幕したイタリア・ミラノショー(EICMA)にて新型モデルが発表されました!

 

なんと言っても目玉はコチラ

Ninja H2 SX! 

 

そして上級グレード SX SE!

 

あのNinja H2をベースにしながらツアラーとするためにエンジンからフレームまで新設計。エンジンはH2ゆずりで200馬力の高出力を持ち、さらに扱いやすく設定することで燃費も向上。このバランス型スーパーチャージドエンジン、H2のそれにモディファイを加えたものと思われがちですが実際はピストンやエンジンヘッド、吸排気ポートまでH2とは別の部品で構成されていて文字通りに新設計となっていっます。フレームもパニアケースの装着や二人乗りを想定しているので各部のサイズや強度も再計算の上で再設計されています。ヘッドライト周りやホイールデザイン、サイドフィンなどはH2イメージを踏襲し、他の部分はツアラーとしての機能を考えた造りに。足回りは当然のように前後ともフルアジャスタブルで、リアショックはNinja1000のようなリモートコントローラーを装備。電子制御はトラクションコントロール、パワーモード、エンジンブレーキコントロールを備え、ライダーのサポート体制も万全。ガソリンタンクは19リットル、パニアケースはオプションとなる模様です。

上級グレードのSX SEはハイスクリーン、グリップヒーター、TFTカラー液晶メーター、クイックシフター、ローンチコントロール、コーナリングライト、センタースタンド、ニーパッド、クルーズコントロールを備え、より快適なハイスピードツーリングを約束します。

 

  

 

 

 

 

続いてはコチラ

Z900RS CAFE!

 

 

東京モーターショーで発表されたばかりのZ900RSに早くもカフェスタイルモデルが登場!ビキニカウル、低めのハンドル、レトロなミラー、厚みのあるシート、ヘアライン加工されたマフラーなどいずれも雰囲気づくりに一役買っています。カラーリングがライムグリーンっぽく、白いラインが一本入っているのもまた良いですね!メーカーカスタムと言えるZ900RS CAFE、見た目もカッコいいので気持ちよく走れそうです。

 

 

 最後はこちら。歴代最強のZX-10R

Ninja ZX-10R SE!

カワサキ初となる電子制御サスペンション搭載モデル、ついにデビュー!ワールドスーパーバイク(以下WSB)史上初となる3連覇を成し遂げたマシンがさらに高みを目指します!改造範囲の狭いWSBではベースモデルの性能が大きく影響します。またライバルチームも手をこまねいているわけではありません。なんとかカワサキに追いつこうと日々開発をしています。さらにカワサキが強すぎるのでプロモーターも何やらレギュレーションを変えようと動きを見せています。こうしてカワサキ包囲網が作られていくなか、カワサキの戦闘力UPの回答が「KECS(カワサキエレクトリックコントロールサスペンション)」いわゆる電子制御サスなのです。従来のバランスフリーフロントフォークも機械式サスとしては完成の域にあったと言えますが、電気的に減衰力を変化させることができるKECSは機械式では難しい路面状況に応じたサス調整を行うことができます。2018年シーズン、カワサキはこの Ninja ZX-10R SEで前人未到のWSB4連覇に挑みます!

 

 

以上、ミラノショーで初お披露目となったバイクをご紹介してきました!Ninja H2 SX、Z900RS CAFEは2018年春頃の国内販売を予定しているとのこと。またNinja ZX-10R SEは11月28日までの受注生産、予価¥2,862,000-です!

 

H2 SXとZ900RSは続報をお待ちください!

 

Ninja ZX-10R SEをご検討の方はお問い合わせお待ちしております!

印刷用ページ このニュースを友達に送る