新型紹介
新型紹介 : 知られざるNinja400の旅ヂカラ

2017年、ニューモデル投入で250ccクラスが賑わっていますが、一つ上の排気量クラスを忘れていませんか?

そう!排気量400ccのクラスです。

Kawasaki Ninja400シリーズ! 他にY車、H車などがあります。

 

2017年のラインナップはこちら!

 

Ninja400   メタリックグラファイトグレー、キャンディバーントオレンジ

 

Ninja400ABS-SE メタリックグラファイトグレー

 

Ninja400ABSリミテッドエディション メタリックムーンダストグレー (300台限定)

 

今回はカワサキ館スタッフ吉田がNinja400の旅ヂカラを、Y社の320ccと比較してご紹介致します!

 

 

まずエンジンから見てみましょう。

 

ご存知の通り排気量はNinja400の方が大きいのですが、実は最高出力(馬力)ではNinja400がY社を2馬力上回る程度でほとんど差がありません。

ここで注目したいのは馬力ではなく、力強さの値「最大トルク」です。

トルクは車体を前へ押し進める前進力とでもいうべき力で、Ninja400は37n.m(ニュートンメートル)/7500rpm、Y車は30n.m/9000rpm、とかなりの開きがあります。これの意味するところはNinja400はより低い回転数でバイクを走らせることができる=同じ距離を走っても疲れにくい、つまり運転が楽ということ!ツーリングでは疲れにくいことはとても大事なことなのです。

 

 

次は車体です。

 

ツーリングでは高速道路を使うこともあります。速度は一般道の2倍以上になることも。

スピードが出るとタイヤの接地感が乏しくなったり、横風によるフラつきがあったり、一般道とは違う所に気を遣い注意しなければなりません。Ninja400はY車に比べて車重があります。一見車重が重い事はデメリットに見られがちですが、この車重と長めのホイールベース(前後ホイールの距離)でNinja400は抜群の安定感を誇ります。その安定感は気が付かないうちにライダーの緊張をほぐし、リラックスした運転をさせてくれることでしょう。

また、3段階に可変出来るスクリーン。ラバーコートされているステップも高速走行を快適にするための装備です。

 

  

 

 

 

続いて操作系です 。

 

他2社はどちらもセパレートハンドルですが、Ninja400はバーハンドルを採用しています。人間工学に基づいて設計されており、車体に跨って自然に手を伸ばした先にグリップがあります。

ライディングポジションも素晴らしいのですが、バーハンドルにはスマホホルダーやそのためのUSB電源などをマウントしやすいというメリットもあります。安全性に関してもブレーキは3社の中でも唯一のフロントダブルディスクを装備しています。

 

 

 

 

そしてNinja400の旅ヂカラはオプションにもあります。他車にはないパニアケースが純正オプション設定されていることです。

35リットルのケースが左右に装着でき、合計70リットルもの容量を持ちます。日帰りツーリングでおみやげを買い込むも良し、何日も泊りでロングツーリングに行くも良し。使い方は自由です。それにいかにもツーリングって感じでカッコいい!

 

 

 

 さらにタンデムツーリングでの旅ヂカラもあります!

パッセンジャーシートは充分なクッション圧があり、タンデムグリップも握りやすい位置にあります。

二人乗りの際はサスペンションを硬めに設定しますが、リアサスの調整も楽々です。

 

如何でした?Ninja400の旅ヂカラ。絶好のツーリングシーズンにNinja400で出掛けましょう!

 

2017年12月31日まで、用品クーポンキャンペーンもやってます!
クーポンでオプションを手に入れましょう!

 

お問合わせお待ちしております。

 

印刷用ページ このニュースを友達に送る