Kawasaki Lover

 

 
新型紹介
新型紹介 : 2019年モデル3車種発表!

カワサキモータースジャパンより、2019モデル 3車種 の発表がありました!

 

ヨーロッパのモーターショーで発表になって以来、ネット上を賑わしていました。

まずは Z400/Z250  と Z400 SEです!

 

新型Ninja400、Ninja250の発売から約1年、ついにミドルサイズのZも登場です。

基本的にNinja400/250をベースにしてるのでフレームやエンジンなどの基幹パーツは同一、バーハンドルやノンカウルの採用と、それによるハンドリングなどがNinjaとの違いとなりそうです。

今回はZ250だけでなく、新たにZ400も設定されました。軽量ハイパワーなフルサイズ400ccストリートファイターとして人気を博しそうです。Z400 SEは純正オプションを標準装備した特別モデルとして発売が予定されます。

 

Z400   

 

Z400 SE

 

 

 

こちらはZ250Z400よりも軽やかに回るエンジンが軽快感と親しみやすさを感じさせてくれます。

 

Z250

 

 

 

続いてネオクラシック系のトップモデル W800 STREET/CAFE です。

 

W800の次モデルは空冷ではなく水冷エンジンになるのではないか、と思っていましたが排気量も変えず、空冷のままで排ガス規制をクリアしてリニューアルデビューとなりました。W800 STREETはオーソドックスなアップハンドルタイプ、W800 CAFEはフロントカウルとローポジションのハンドルという流行を抑えたラインナップ。今回はメインフレームを新設計し、アシスト&スリッパークラッチを採用してクラッチレバーを軽く、フロントホイールを18インチ化してスポーティなハンドリングに、リアブレーキを従来のドラムからディスク化してABS装備となり、新しいモデルとして発売されます。

 

W800 STREET  従来モデルでは必ずあったタンク側面のニーパッドが省略される。

 

 

 

W800 CAFE コチラはニーパッド付。カウルやハンドルだけでなくシートもCAFE専用。

 

 

 

 

 

3機種目はカワサキが誇るビッグアドベンチャーモデル、VERSYS1000/SE です!

 

 

前モデルは逆輸入車としての取扱いのみでしたが、昨今のアドベンチャー人気に続かんと満を持して国内モデルが投入されます!元々ABSやパワーモード機能は装備されており、ツアラーとしての性能は大変優れていましたが、新型VERSYS1000はさらなる機能を携えてやってきました。主なトピックはクルーズコントロール装備、KIBS(高機能ABS)装備、KCMF装備です。

上級モデルのVERSYS1000SEでは上記の機能に加え、ロングスクリーン、ハンドガード、電子制御サスペンション、クイックシフター(アップ、ダウン対応)、コーナリングライト、TFT液晶メーター、キズを自己修復するハイリーデュラブルペイント、スマートフォン接続など先進の装備が満載です!

 

VERSYS1000

 

VERSYS1000SE

 

 

ニューモデルが続々発表になり、私たちもワクワクしています!

なお、ご紹介したモデルは発売時期及びカラーリングについては未定です。

そのあたりは判り次第、お知らせ致します!しばらくお待ちください!

 

 

 

印刷用ページ このニュースを友達に送る